あけましておめでとうございます。

はい、謹賀新年。正月休みも今日で終わりです。
まぁ明日行ったらまた休みなんだけれども。あんまり長く休みすぎるのもちょっとあれなので顔を出しとくかみたいな。夏休み中の登校日感ある。

ちなみにこの年末年始休みは何をしていたかといいますと、特に何もしておらず、だいたいダラダラとしており、三が日のうちに初ライドに出かけるつもりであったものの「寒すぎる」「路面が凍結してるやもしれず危険なり」という文句のつけようのない大義名分ができたことによりノーライドでフィニッシュです。素晴らしいですね。正月とはかくあらねばなりません。
でもそのくせしてその寒さ対策として新しい冬用グローブとかジレとかを新たに買ったりしてたりする。冬の寒さに打ち勝ちたいのか白旗を上げるのか。悩ましいですね。事ほど左様に人間とは複雑で常に矛盾を抱きながら生きていく生き物なのです。知らんけど。

冬のライドと言えば年末の恒例となりましたFestive500(クリスマスイブから大晦日までの8日間で500km走れるのかというチャレンジ)ですけども、僕の2017年の記録は358kmでした。今回も順調に未達。達成できた人はおめでとうございます。
ちなみに過去の自分の記録を見返してみますと、2013年から僕は挑戦しておりますけども、

 ・2013年…250km
 ・2014年…309km
 ・2015年…289km
 ・2016年…260km

という感じ。一度も500km走れてないのな。今回が一番乗れてたんですね。年末の忙しいときに500kmなんてそんなん普通できひんやん。次回は頑張りましょうね。


ということで2018年の目標。

  • 年間6,000km走る。(月500kmぐらいは頑張りましょう。)
  • 5kgぐらい痩せる。(毎年言ってる気がする。)
  • モノを減らす。(ダンシャリ!)
  • 筋トレとストレッチする。(自転車部の合宿に向けて。)
  • 行ったことのない場所に行く。(見たことのない景色を見たい。)
  • もうちょっとブログを書く。(更新頻度がガンバの成績に左右され過ぎである。)
  • 1%を積み重ねる。(©デイビッド・ブレイルスフォード)
  • 楽しい1年にする!

今年もよろしくお願いします!

年の瀬です。

2017年も残すところあと1日。皆様いかがお過ごしでしょうか。

年末年始の楽しみというのは1月1日の午前0時になった瞬間に終わりへのカウントダウンが始まるので切ないですね。毎日が大晦日だといいのに。

 

はてなブログに移行しました。

個人的には「はてなダイアリー」がすごく大好きだったんですけども、さすがに d.hatena.jp の新規利用者受付も終了され、いよいよサービス終了への足音が聞こえてきたなぁという感じで「はてなブログ」に移行せざるを得なくなるのも時間の問題かと思ってたんですが、「どうもはてなブログというのは好きになれない、何だあの余白いっぱいのブログたちは」という感じだったんですけども実際CSSとか触ってみたらブログの色とかフォントサイズとか行間の幅とかもいい感じになったので何事も食わず嫌いはよくないなと反省してる次第。

すごく使いやすいです「はてなブログ」。

もうちょっと使っていい感じだったらPRO版にするかもしれない。しないかもしれない。

ちなみにはてなダイアリー時代の百舌鳥日記へのリンクからはすべてリダイレクトされてこちらに飛んで来るようになってますので(便利な機能をつけてくれたもんだわはてなさん)、ブックマークやRSSフィードの登録をされてる方はこれまでと何ら変わることなくこの駄文たちを読むことが可能です。ほんとにこれからも読みます?今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

この一年を振り返って

自分にとって2017年はどんな年だったかというと、 まーなんつーんですかねー、微妙な一年だったなーという気がする。後悔とまではいかないけども、もっとできたんじゃないかという一年だったというか。

具体的に何かしらがどうこうっていうのは別にないんですけども。

思い返せばガンバ大阪の成績が悪いシーズンは俺もなんか低調な一年だったような気がする。ガンバが悪い。責任転嫁&現実逃避。

 

以前、栗村修さんがこんなことを言っていました。

あまり苦労はしたくはありませんが、『苦労は買ってでもしろ』 という言葉がある様に 『楽をしようとする者』 には苦労がもたらされ、『困難に立ち向かう者』 には楽がもたらされる

これほんとそうだよなーと思ってiPhoneのメモ帳に書いて時々見返しております。困難に立ち向かえる強い人間でありたいゼ。

みんなで2018年から本気出してこうな。

 

 2017年に買ってよかったもの

振り返りついでにこういうのも書いてみる。

  1.Beats Xmophie Power Capsule

  2.Filson Tote Bag With Zipper

  3.GIRO Empire SLX

  4.工房アイザワの弁当箱

(リンク先は全部Amazon。)

 3つにまとめたかったけど選びきれずに4つ(4組?)になってしまった。

  

 f:id:mozunikki:20171215214507j:plain

この4つは本当にQOL向上に役立ってくれました。 

BluetoothイヤホンのBeats Xは出かける時点で「あー!充電できてねー!」ってなっても5分で急速充電とかできるしiPhoneと同じLightningケーブルが使えてマジで便利だしFilsonのジップトートバッグはカッコよくて丈夫で何でもガッサーって入れられて最高(コクヨ バッグインバッグ BizrAck A4を使うとさらに便利)だしGIROのシューズは軽くてしなやかでシャレオツだしお気に入りの工房アイザワの弁当箱は3割増しでお昼ごはんが美味しくなります。

 1つずつの素晴らしいところを語るとめっちゃ長くなるのでもう書きませんけど全部マジでオススメ。

 

来年もよろしくお願いします。

はい。

ということで来年もよろしくお願いします。

良いお年を。 

 

2017年のガンバ大阪

今年のJリーグが終わりましてもう1ヶ月近くになりますけど、個人的には「まだ1か月!?」という感じしかしない。もっとずっと前に終わってたような気がしますね。そんなタイミングでこのエントリを書き始めるのかという感じですけどもまぁやっぱ振り返り的に書いとかないといけないような気がするので書いておく。


TL;DR

我がガンバ大阪J1リーグ10位で終了。11勝13敗10分け勝ち点43。得失点差+7。ACLは勝ち点4しか上げられずグループステージ最下位、ルヴァンはどうやって敗退したか覚えてない、天皇杯は準々決勝敗退。超がっかりシーズンでした。
まぁ9月からの勝てなさっぷりは堪えましたね。40を超えてから3しか積んでないことにビビる。ホームで4勝(リーグ)っていうのはちょっとどうかと思う。過去これほどまでにガンバの試合を見るのが楽しくない、むしろ苦痛という時期があっただろうか。原因はまぁいろいろ考えられるし実際にいろいろとあるんだろうけども、今季に関してはやはりここ数年のオフの短さが遠因となっているのは確実。15/16のオフ、16/17のオフの短さはさすがにちょっと酷い。そんなのが2年も続いちゃった日にゃあアナタねぇ怪我もしますよ。今だから言うけど去年の暮れの時点で2017年のACLは出ないほうがいいんじゃないかなーなんて心のなかでは思ってた。まぁそのへんの対策を含めて何とかするのも強化本部の仕事なのかもしれないけれども、なかなか難しいよね。
長谷川監督体制の5年間を振り返ってみるとまず西野朗時代の攻撃面での遺産(いわゆるノスタルジーなガンバらしさ)との決別。これは「決別」と取るか「食いつぶした」と取るかは人によると思いますけど、長谷川健太は意図的にああいうスタイルを放棄した。就任初期に作り上げたのは全力で前進/後退するサッカー。阿部とか大森とか藤春とかが死にそうになるやつ。そのままのスタイルでずっといくのかなと思ったらそれを発展させて前から守ってボール奪取後は切り替えを早くすることによって相手を押し込もうとするサッカーへ。いわゆるファーストブレイクとコンパクト。これはある程度できていたし長谷川健太が残してくれた今後に繋がる遺産・素地だと思う。どんなに坊主が嫌いでもその袈裟イイねと言っていこうな。まぁそういう素地を活かすかどうかはクルピ次第なのだけど。
フィニッシュに関しては能力のあるアタッカーにお任せして点を取るスタイルでした。スタイルというか、攻撃については長谷川健太は最後まで構築できなかったように思う。フタのようなチャンスメーカーが不在だったというのもあるだろうけれど。「水ものですから」とか言ってたっけ。まぁこのへんの点の取れなさが求心力の低下に拍車をかけましたよね。シュート数とかめっちゃ少なかったし。ガンバサポなんて点取ってくれりゃとりあえずウェーイって喜ぶんですからそれがないと不満も貯まる。そういうビルドアップがなかなか上手くいかない部分を遠藤大先生なんかはボールを回して回してみたいな感じで何とかしようとしてたみたいだけども、しかしもうフタも橋本も明神もいないんですよね。連動性とかもない。あの頃とは違う。遠藤自身もイージーなミスが増えた。まぁ監督としても遠藤の使い方は本当にここ数年悩みどころだったと思う。決定的な仕事が出来る選手なんだけど、できるかどうかはその日次第。できれば最高だけど、できなくてもそこそこチャンスは作れて悪くないっていう。次の監督はこの遠藤をどう扱うでしょうね。見ものです。
結局のところ長谷川健太がやろうとしてたことはある程度はできたけどもまだ完成には時間が必要だったというところなんだろうか。完成形はまだ先だった、でもガンバというクラブではそんなに時間を与えることは許されなかった。やっぱり解任するときはスパッとクビを切ったほうがお互いに不幸にならずに済むんだなと思いました。最後の方は痛々しかったですもんね。
個人的には今季のMVPは三浦弦太。個人で守ってた西野朗的ディフェンスから組織で守る方法へ変えてくれた長谷川健太だけども、その長谷川体制最終年に加入。「対人の強さ、カバーリング、クロスの対応、ビルドアップ、すべての能力が高い」と今野泰幸が絶賛してたけども、本当にいい仕事してくれました。逆サイドへ美しく糸を引くようなロングフィードも最高。あれだけでご飯が食べれます。ベストマッチは悩みますけどもやっぱリーグ戦第19節のホームでのダービーかなー。あれは素晴らしい夜でした。でも内容的には第2節のアウェイ柏戦が最高でした。ああいうのをもっと見たい。
来年からまた新しいサイクルが始まります。新体制始動日にはまた社長が「タイトルを」的なことをブチ上げたりするかもしれませんが、新監督1年目、世代交代もしなければいけない。いろいろと大変です。でもアカデミー出身の期待の選手もいますし(市丸とか市丸とか市丸とか)、来年こそは見ていて楽しいサッカーをして勝ち点を「もうお腹いっぱいです、ヤメテ」って言うくらいうず高く積み上げてほしい。応援してます。来年もよろしくお願いいたします。

負けてはいけなかった試合

えーと。
試合から4日ほどたってなんとか試合のことを振り返れる程度には精神的かさぶたができてきたので軽く振り返ってみようかと思ってキーボードを叩き始めたけれどもあまり思い出したくない出来事ではある。

まぁ何でしょうね。
なんと言っても負けちゃいけない相手に負けちゃいけない場所で最悪な負け方をして「セレッソにはぜひ決勝で、我々の思いも含めて頑張って欲しい」とかいう試合後の監督コメントまでが最悪オブ最悪だったのでこちらの生命維持機能までが危ぶまれたのですが何とか生きてます。
とりあえずその「我々」には俺を含めないでほしい。

わかるよ?
チームの状況的に代表に主力を取られたり怪我人が多くてターンオーバーをできるほどには選手の駒的な余裕がなかったり、そもそも監督のリクエスト通りに補強がされなかった(そこは本当かどうか知らんけど)り、計算してた戦力が海外移籍しちゃったりそういった諸々で今季ここまでチームが万全・順調ではないことは理解してるつもり。
でもそういうことも含めてすべてチームの力というか問われるべきクラブの強さというものであって、そういう言い訳の数が順位の数字の大きさに比例するものではないと思ったりする。

というか何でしょうね、一番納得いかないのは負けたことそれ自体よりも勝ちにいかなかったことですよね。
守り切ろうという選択は冷静に考えれば全然ありだし、無難な感じではあるけども普通の負けられない試合では非難されるべきものでもないとは思う。
ただねぇ…。
これはダービーなんですよねー。
ダービーで引き分けを狙うような監督はお呼びじゃないんですよね。
ガンバサポは全体の傾向として“倒れるなら前のめり”な姿勢が好きみたいな人が多いと思うんですけども、長谷川健太は5年間監督をしてきてそこんところの俺らの心情をやっぱり理解してくれなかったんだなぁという残念な気持ちがある。

あのサンドバッグになってた時間帯、見ててほんと辛かった。
もうほんと「死ねば助かるのに」*1とか思いながら見てました。
悲しい。


まぁこれで今年のガンバは終わったわけですけども、終わってないですけども、来年とかどうなるんでしょうね。
まだ現時点では残留が確定してないところにちょっと怖さがある。

フロントと現場が上手く噛み合ってないような不安を感じてます。
スタジアム運営やU-23など、急に経営規模が大きくなって全体に手が届いてないような。
思い過ごしかもしれんけど組織としてアップアップしてるのかなというような印象がある。
まぁ頑張ってください。
応援するしかないです。

これで一つのサイクルは終わった。
来季からのガンバ大阪はどんな顔を見せてくれるのかはわかりませんが、願わくは見ていてワクワクするような、次の試合も足を運ぼうと思わせてくれるような、そんなチームを希望します。
大丈夫かなー。
結構不安。
よろしくお願い申し上げます。

*1:『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』/福本伸行

ダービーだ(回文)

お疲れ様です。百舌鳥日記を書いてる人です。

先日の4日、水曜日は今季3回目のダービーでした。
ルヴァンカップ準決勝第1戦。
諸事情により現地にも行けず、TVでも見れずで試合後にLIVEトラッキングとハイライトを見たぐらいでした。
長居スタジアムはなかなか寒かったようで、皆さん風邪など引かれてないでしょうか。

しかしこのLIVEトラッキングというのはなかなか良いですね。何回かしか見たことなかったけど。
シュートやドリブル、タックルといった個々のプレーはわからないですけども、ボールの動きと布陣の変化。推移みたいなのがわかって。
想像力を駆使すれば「見える、見えるぞ……!」ってなるかもしれない。
俯瞰厨に向いてる気がする。


ということで断片的な情報だけで第1戦を見たつもりになってるんですけども、
赤崎の1点目も素晴らしかった。
相手が詰めてこないと見るや狙いすましてズドン。
ちょっとボール変化した?
いやー素晴らしかった。
なんというか赤粼には幸せになってほしいみたいな気持ちがある。

あと井出のゴールよかったわー。
初瀬からのボールも素晴らしかったけど、あのシュートの上手さよ。
最高。
今までどこ行ってたの!とか思ってたけど、ここぞのダービーで活躍してくれて嬉しい。


アレイニコフの世界ワロタw


まぁ始まるまではなんだかなーめんどくせーなーもうええわーとか思ってたこのルヴァンカップダービーですが、蓋を開けてみればやはり盛り上がるもの。
アウェイゴール・ルールは時代遅れなルールだと言われたりもする昨今ですけども、ドラマ性が増すので僕は嫌いじゃない。
それを2つ取って帰ってきたのは大きいですが、これを活かせるかどうかは残りの90分次第。
開始すぐにスコーンとやらかしたりはしませぬよう。
ほんとにありそうだから困る。

リーグ優勝にも天皇杯にも縁がなくなった今季のガンバさん、せめてこのルヴァンカップは獲って意地を見せたいところ。
そのためにも日曜日は負けられぬ。
この第1戦も含めてここ6試合勝ててないことはちょっとの間不問にして、第2戦に向けてしっかりとおいしい豚肉を食べていきたい。


はい。
ということでアレイニコフの世界で締め。


1995/05/03 (A) ●0−1
1995/07/19 (H) ◯1−0 アレイニコフ
1995/09/30 (A) ●2−3 礒貝 2
1995/11/22 (H) ◯4−0 ヒルハウス 平岡 山口敏 アレイニコフ
1996/05/18 (A) ◯2−0 ヒルハウス 木場
1996/09/14 (H) ◯2−0 松山 松波
1997/05/03 (A) ◯2−0 クルプニ 松波
1997/08/23 (H) ◯3−2 クルプニ 2 エムボマ
1998/03/21 (H) ●1−2 クルプニ
1998/09/15 (A) ●1−2 小島
1999/05/15 (H) ●1−2 ドロブニャク
1999/09/11 (A) ●1−4 小島
2000/05/03 (H) ◯2−1 吉原 新井場
2000/07/15 (A) ◯1−0 ビタウ
2001/04/07 (H) ◯2−1 吉原 小島
2001/10/13 (A) ●1−2 吉原
2003/03/08 (H) ◯1−0 松波 *1
2003/04/23 (A) △2−2 山口智 大黒 *2
2003/07/13 (H) ●0−2
2003/10/19 (A) ◯2−0 マグロン 二川
2003/12/20 (A) ●2−3v 新井場 吉原 *3
2004/06/16 (A) ◯1−0 中山
2004/10/02 (H) ◯7−1 フェルナンジーニョ 2 山口智 大黒 3 吉原
2005/05/14 (A) ◯4−2 アラウージョ 2 大黒 2  
2005/07/23 (H) ◯4−1 アラウージョ 2 橋本 遠藤
2005/08/06 (A) ◯3−0 シジクレイ 橋本 家長 *4
2005/08/13 (H) △2−2 フェルナンジーニョ アラウージョ *5
2005/12/24 (A) ●1−3 シジクレイ *6
2006/03/12 (A) ◯6−1 フェルナンジーニョ 3 マグノ・アウベス 3
2006/09/09 (H) ◯3−1 播戸 2 遠藤
2010/03/12 (A) △1−1 明神
2010/09/18 (H) ◯3−2 宇佐美 中澤 安田理
2011/03/03 (H) ◯2−1 アドリアーノ 遠藤
2011/05/24 (H) ●0−1  *7
2011/08/13 (A) △1−1 中澤
2012/03/17 (A) ●1−2 パウリーニョ
2012/08/11 (H) △2−2 佐藤 2
2012/12/23 (A) ◯2Ex.−1 遠藤 家長 *8
2014/04/12 (A) △2−2 阿部 2
2014/09/20 (H) ◯2ー0 阿部 佐藤
2017/04/16 (A) △2−2 藤春 倉田
2017/07/29 (H) ◯3ー1 ファン・ウィジョ 三浦 アデミウソン
2017/10/04 (A) △2−2 赤崎 井出 *9


*1:ナビスコカップグループリーグ第1節

*2:ナビスコカップグループリーグ第2節

*3:天皇杯4回戦@愛媛

*4:ナビスコカップ準々決勝第1戦

*5:ナビスコカップ準々決勝第2戦

*6:天皇杯準々決勝@長居

*7:ACL Round of 16

*8:天皇杯準々決勝@長居

*9:ルヴァンカップ準決勝第1戦

2017年8月ふぁぼりまとめ

9月に入り、もうすっかり秋めいてきましたね。
これからは過ごしやすくなって何をするのもベストシーズン!とテンションも高まっていたのですが、台風タリムのせいでAQJ(青黒自転車部)の合宿も流れてしまい、傷心すること山のごとし。
仕方ないで8月にふぁぼったツイートを見返して癒やされることにする。

続きを読む