ジロ・ディタリア2018雑感

大会史上初となるエルサレムからのスタートとなった第101回ジロ・ディタリア。
3週間の長きに渡るレースが昨日、ついに終わった。終わってしまって悲しい。グランツールが終わるとこの祝祭をずっと見ていたいというそんな気持ちに毎回なりますね。

まぁ率直に言って今年の大会も最高に面白かった。
毎年同じ感想になるけども、今年もやっぱり面白かった。
やはり最新アルバムがベストアルバム。

日本においてはグランツールの中でもジロは時差の関係で比較的視聴しやすい環境にあります。だいたい20時とかに始まって0時過ぎぐらいにはゴールをする感じ。まぁそれでも3週間もある大会なので毎日ゴールまで見届けるというわけにはいかず寝落ちしたりするんですけども、なるべくずっとレースを追いかけるようにしてる。そうするほうが楽しめる。
ハイライトを見てるだけじゃ心に残らない味わいがある。
スポーツに関しては何でも同じことが言えますね。
あらすじだけ読んでもストーリーは楽しめません。

今年の注目は何と言ってもクリス・フルームの参戦でした。
2017年にツール→ブエルタとグランツール連続2冠を制覇したフルームが、年末のコースプレゼンテーションにてビデオメッセージでの参加宣言。あれは盛り上がりましたね。
うおおお! 3連続制覇狙うのか! とこっちもテンション上がった。
しかしフルームに関しては春先から調子が上がらず、今大会の第14ステージのゾンコランでは勝ったものの総合ではタイム差は縮まらず、ああこりゃもう今回はないなと思わせての終盤のあれですからビビる。
サルブタモール問題などいろいろありますけども、あの第19ステージでの奇跡的な残り80km独走アタックは本当にもうすごいものを見たという感じ。あのレースを生で見られたのは幸せでした。
伝説として語り継がれるであろうレースを今まさにライブで見ているという興奮が冷めやらない2時間だった。
俺たちは今、歴史に名を残す偉大な選手の走りをリアルタイムで見ているのだという感じで何かこうめっちゃすごいですね。(語彙力)


フルーム以外の選手について言うと、1週目2週目も彼がパッとしないあいだにマリアローザを着用し続けて注目を集めたのはサイモン・イエーツ。
よかったですね、新しいグランツールレーサー誕生という感じがして。今年は結局ダメでしたけどもまだ若い選手。経験を積んでいけば将来的には強い総合系の選手になりそう。

トム・デュムラン。
ディフェンディング・チャンピオンとして期待もされていいところまで行きましたけども相手が強かったという感じでしょうか。
アシストがチームスカイほどでなくとももうちょっと強力だったらなーという感じは否めません。

ピノ。
うーん。ファビオ・アルなんかもそうですけどなんかいつも惜しい感じがありますよね。
頑張ってほしい。


今年もジロが終わってこのあとはツール・ド・スイスとクリテリウム・デュ・ドーフィネ。
それが終わるといよいよツール・ド・フランス開幕。
今年はサッカーワールドカップの影響で例年より1週遅く開幕するツール。
ツール3連覇&5勝クラブに王手をかけたクリス・フルーム。
それを迎え撃つジロには参戦せずツール1本に絞ってるキンタナ、ニーバリ、バルデ、ランダ、ウラン、バルベルデ等々ライバル勢たち。
その戦いが今から楽しみだし、スプリンター同士の争いもキッテル、グライペル、ガビリア、カヴ、デマールなどなど、ツールはほんといろいろと興味が尽きない。
いやー、また寝落ちの日々が始まるな。



最後になりましたけどもDAZNの実況の人(木下さん?)が去年はまともに聞けたもんじゃないぐらい酷い実況でしたけども今年はかなり良くなっててびっくりした。
レースにおける流れやチームの狙い、選手間の思惑なんかもコメントできるようになってて見違えました。
この一年勉強されたんでしょうね。
すばらしいと思います。
実況・解説に関してはJスポの方に一日の長があるかなとは思いますけども、そういうのは切磋琢磨してほしいですね。
まぁでも正直なところ別々に契約しないと見れないのがアレなので個人的にはさっさと合併してほしいw

第2節 鹿島アントラーズ戦

〜前回までのあらすじ〜
2018年のJ1リーグが開幕。
散々な2017シーズンを過ごしたガンバ大阪さんはレヴィー・クルピを新監督に迎え、新たな体制で新シーズンに臨む。
ホームで行われた名古屋との開幕戦は2-3と惜しくも落とすが強豪鹿島とアウェイで戦う第2節はいかに。



鹿島アントラーズ 1-0 ガンバ大阪

はい。
毎年、新しいシーズンの開幕前になると僕は「さぁ34曲入りのニューアルバムを今から聴くぞー」という気持ちになってワクワクするんですが、いやもうね、今年のガンバさんは今後がすごく楽しみです。
負けといてこんなこと言うのもあれですけども今年は違います。
違うかどうかは「知らんけど」なんですけども、でも楽しみだというのは間違いなく言えます。

まだ1ポイントも勝ち点を上げていないのに見てる皆が口々に「楽しみ」と言うのは何故かといいますと、ここから良くなっていきそうという予感が多くの人たちにあるからですね。
まぁ中にはまったくそう思えない人もいるでしょうけども。

でもこの「良くなりそう」と思えるか否かというのがとても大事で、去年の秋以降、長谷川某太のサッカーにはそういう部分がまったくなかった。
見ていて苦痛にしか感じなかった。
もういない人のことを悪く言うのはちょっと忍びないけれどもそれが正直な気持ちだった。

じゃあ今年のガンバの何が楽しみなのかと言いますと、これは言葉をいくら重ねても伝わらないと思うのでパナスタで見てほしいという気持ち。
ほんとマジでウヒョーってなるから。
「パスが繋がりそう」って思うし「点が入りそう」って思うし。*1

もちろん物足りないところもあります。
そこはそうじゃないだろ…的な部分もあります。
そもそも比較対象が2017年なのでハードルの設定が低いというのも確かにあるかもしれない。
でも今年はなんつーか伸び代がめっちゃある感じなんですよねー。
「え、こんなに余白あってもいいんです?何に使うんです?」みたいな部分がめっちゃある。真っ白。
まぁ最後まで使われないのかもしれないけども(!)そういう考えは捨てるw

あと今年は僕は考え方を改めました。
去年の終盤とかは何かと不満ばっかり言ってたような気がする。
少なくともその傾向が強かった。
まぁ物足りないと思ったことを物足りないと表明するほうが楽なんですよね。
不満に思ってもそこを堪えて拍手するよりも、気持ちの赴くままにブーイングするほうがスッキリした気になる。*2
自制せずに済みますし、もっと俺を気持ちよくしてくれ〜って言ってるだけでいるのはすごく楽チンだから。

でも今年からもうちょっと我慢強くなることにしました。
新しいガンバ大阪を長い目で見ることに決めた。
どれぐらい長い目かっていうと1600光年ぐらいはあるんじゃないかっていうレベル。
悪い部分に目をつむるわけではないけれど、なるべくそういうのも薄目で見ていこうな。
開いてるかどうか分からないぐらいのギリッギリの薄目で。
もう孫を猫っ可愛がりするおばあちゃんみたいな心境です。

でもまぁそういう見方をした方が楽しいですよね〜。
こういう新しい道を歩み始めたチームを眺めるときは特に。
なんかそんな気がする。



全然試合のことに触れてないので一応書いときますけど、中村は最高だということは言っておきたい。
当分はジョーカー的な使い方されるのかなーという感じですけども、出てきたらめっちゃ期待してしまいますねこれからも。
何年うちにいてくれるか知らんけども、絶対離しちゃいけない素材だわ。
ありゃヤバイ。衝撃。

あとボランチ部分とかが落ち着かなくて今年も今野様々な感じになりそうで「はやくきてくれーっ!!!!」と叫ぶクリリンのような心持ちです。
ほんと早くきてくれ。
今年もよろしくお願いします。

*1:ただしまだ完成形ではないのでほとんどがあくまで「そう」という未遂だったりします。

*2:俺はブーイングなんてせずにサッサと帰る主義だけど。

ラン再開とTracksmith。

まだまだ冬です。
こう寒いとライドに行く気にもなりません。
いつも行く山のほうは路面の凍結とかも怖いし風も強かったりするし。
かと言って家の中でローラー(Zwift)するのもいまいちモチベーションが上がらない。

ということで先週ぐらいからランを再開してみました。
冬といえばランなのである。

続きを読む

Netflixオリジナル映画『イカロス』を見た。

いやー、すごかった。
ランス・アームストロング絡みの事件がかわいいと思えるほどに。

www.youtube.com


ロシアの国家ぐるみでのドーピング事件を扱ったドキュメンタリー映画。
監督のブライアン・フォーゲルは、過去のツール・ド・フランスにおいてランスがドーピング検査に引っかからなかったことを機にその検査体制が無意味であることを身をもって証明しようとこのドキュメンタリーを撮り始めた。
選んだ舞台はアマチュア自転車ロードレース「Haute Route(オートルート)」。
アマチュアと言っても7日間でアルプスやピレネーを走るガチのステージレースとして有名ですね。

www.hauteroute.org


例えばアルプスルートだと7日間で787km, 20,650mUPとか。

なにこの変態コースプロフィール。
すごいな。
ガリビエとかラルプ・デュエズとかツールマレーとか一回走ってみたい。

まぁそれはいいとして、このフォーゲルは専門家のアドバイスを受けながら薬物を摂取していく。
しかしその専門家は自分のキャリアが傷つくことを恐れてアドバイザーの役を降りる。
代わりに紹介されたのがグリゴリー・ロドチェンコフその人である。

ロドチェンコフは薬物の種類や尿の保存方法についてアドバイスをする。
憎めない性格のロドチェンコフ。
フォーゲルは次第に仲を深め友達にもなっていく。
しかし話はそこから思いもよらぬ方向に進んでいき、関係者が不審死を遂げるなどのロシアの国家ぐるみのドーピング問題に巻き込まれていく……。


と、まぁそんな感じなんですが、見てるうちに「いやいや、これはさすがにフィクションでしょ…」とか思ったんですけども、出て来る名前とかをググると普通にニュース記事がヒットするからビビる。
マジかよ。
全然知らんかったわ
「おそロシア」って言葉はこういうときのためにあるんだなとかどうでもいいことを思った。


明日から平昌オリンピック開幕ですけども「ロシア代表」ってのはないんですね。


いやー、いいもん見れました。
面白かった。
Netflix見れる環境にいる人でスポーツに興味ある人にはオススメ。

TM京都戦の記事を読んでテンション上がった部分を淡々と貼っていくよ日記

新シーズンを迎えるにあたっていまいちテンション上がらんなぁーと思っていたここまでのオフシーズンでありましたが、このたび京都サンガさんとのTMを終え、そのことを報じる各スポーツ新聞社さんの記事を横断的に読むにつけ、テンションが上がらずにいられない事態となっております。
新布陣? 好連携? なんだよそれ!

とうことで昨日・今日で出てきた記事のうち、読んでてテンションが上った箇所を抜き出して反芻しながら今後への希望で膨らんだ俺の胸をさらにプヨンプヨンにするエントリ。


 「まだ何とも言えないけど、ボールに関わる人間が多い。パスコースが多かったし、孤立する場面は少ない」。シャドーに入った倉田は手応えを口にした。


G大阪“クリスマスツリー”で勝負?システム試行の2次キャンプ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

右MFに入った倉田は「(円陣で)初めて言われたからビックリした」と明かす。


G大阪、レビークルピ流新布陣を披露 いきなり実戦 - J1 : 日刊スポーツ

倉田!倉田!

その中でキーマンになりそうなのが、アンカー役を努めた日本代表MF今野泰幸(35)だ。


G大阪 今季初実戦 クルピ監督「もっともっとできる」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

アンカーは今野かー。
じゃあ遠藤は?

攻撃サッカーを掲げるクルピ新監督は、守備的MF遠藤を2列目に上げる4-3-2-1の新布陣を試した。


G大阪・クルピ新監督、遠藤2列目に上げる新布陣試す「どう組み合わせていくか」 - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

FW長沢駿が1トップに置かれ、1・5列目は左にMF遠藤保仁、右にMF倉田秋が配置された。クルピ監督は「ボランチではない。もう1つ前でゲームを作る役割をしてほしい。負けていて、攻撃的な選手を入れる時、彼(遠藤)をボランチにというのもあるかもしれないが、1つ前でやるイメージです」と説明した。


【G大阪】遠藤保仁、今季はシャドーストライカー「楽しくできた」 : スポーツ報知

正確な技術で好パスを連発。同じ1・5列目に入ったMF倉田やFW長沢と絡みながら、時には相手のマークがつきづらいポジションを取る。「最初の立ち位置がそこ(1・5列目)というだけ。まだコンディションが上がらない中で楽しくできた」。事もなげに話した遠藤がリズムをつくり出した。


遠藤 1・5列目で輝く!ガンバ新システムに“復活”の手応え― スポニチ Sponichi Annex サッカー


長谷川健太は遠藤の扱い方を試行錯誤しながらも結局ベストな起用法は見いだせないまま去っていきましたけどもクルピはどうか。
このクリスマスツリーの2列目の起用が功を奏すか否か。
楽しみっすねぇ。

テクニシャンの矢島と倉田が好連係を見せ、倉田は「久々に楽しかった。感覚の合うヤツにやっと出会った」とうれしそうだった。


G大阪倉田「感覚合う」新加入矢島と好連係見せた - J1 : 日刊スポーツ

浦和から完全移籍したMF矢島慎也は先発し、3ボランチの右に入った右シャドーストライカーの倉田秋流れるようなパス交換をみせるなど、新天地で違和感なくプレー。積極的にゴール前に入って行く姿勢も示した。


【G大阪】浦和から加入のMF矢島がガンバデビュー!息のあった連係みせる : スポーツ報知

もうこの「流れるようなパス交換をみせるなど」とか「積極的にゴール前に入って行く姿勢」みたいな文章だけで白いご飯いけるわ。



3ボランチには中央の今野泰幸を挟んで、左にサイドバックが本職の初瀬亮、右に浦和から完全移籍で加入した矢島慎也を配置し


G大阪、今季初実戦ドローも…クルピ新体制は「楽しい」/サッカー/デイリースポーツ online

4-3-2-1システムで初瀬は攻撃のスイッチを入れる役割が期待される。


初陣のG大阪・クルピ監督、初瀬亮をキーマンに指名 - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

攻撃的な4-3-2-1の新布陣を試し、初瀬は主力組で3ボランチの左に入った。シュートを放ち、精度の高さが認められキッカーを務めるセットプレーで好機を演出。新指揮官は「両利きで左右のサイドどちらもできる。まだ若いし、重要な選手になる」と期待を寄せた。

G大阪のキーマンは初瀬 新監督指名「重要な選手」 - J1 : 日刊スポーツ


若手に中では初瀬が一歩抜き出た感じでしょうか。


ーーーーーー長沢ーーーーーー
ーーー遠藤ーーーー倉田ーーー
ーーーー初瀬ーー矢島ーーーー
ーーーーーー今野ーーーーーー
藤春ーファビオー西野ーーオー
ーーーーーー東口ーーーーーー


報道ではクリスマスツリーっつってるけどいろいろコメントとか読んでるとこんな感じかなぁ。
ここにアデミウソンとかファンウィジョとかがどう絡んでくるか。
ワイドはどうするんだろう。
結局遠藤大先生の置き場所に困るような気もしてきたw
個人的には市丸も食い込んできてほしいですね。



今週はこのあと8日に東京ヴェルディ戦、11日に浦和とのTMが控えております。
ここでまたチラリズムなのかな。
TM見てえええええええええ
DAZNで放送してくれないかしら。


ということで開幕まであと3週間。




       り    上
    盛             が
 あ                   っ
さ         ぁ   っ         て
       ぁ         !
                       ま
      ぁ      !  !
                      い
      ぁ
                    り
         た       ま
             し